阿倍野防災センターに行ってきました♫

少し遅くなりましたが。。。

新年あけましておめでとうございます☆

本年もどうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

 

 

さて、今日はⅠ部の2年生幼児教育コースと子ども福祉コースの学生さんたちと阿倍野区にある「阿倍野防災センター」に行ってきました。

 

「地震災害ゾーン」や様々な「災害体験コーナー」があり、防災に対する知識と技術を総合的な体験を通して学習出来る施設となっています。

 

本日体験させていただいたのは。。。

♪バーチャル地震コーナー

 

地震災害体験ゾーンの導入コーナー。地震に関する情報をニュース形式で紹介し、迫力ある大画面映像と振動装置により、大地震が発生した状況を体験しました。

 

♪火災発生防止コーナー

  

地震発生直後の室内が再現され、ガスコンロの火やブレーカーなど、火災発生の危険性のあるものを見つけ出し、全員で未然防止しました。

 

♪初期消火コーナー

  

食堂の厨房から発生した火災を発見し、消火器で初期消火の体験をしました。

 

♪119番通報コーナー

  

公衆電話や携帯電話による119番通報を体験。

通報の時は落ち着いて、火災や事故などの状況を詳しく伝えることが大切だそうです。

 

♪消火コーナー

  

可搬式ポンプの起動・放水、消火までの手順を学びました。また、普段ポンプが保管されている保管庫なども見せていただきました。

 

♪救出コーナー

  

ここでは倒壊した家の中で人が家具の下敷きになっており、指導員の指示に従って、ジャッキを使用し、家具を持ち上げて救助を行いました。

 

♪応急救護コーナー

  

止血や骨折の固定の方法など、身近にあるもので、いざというときに役に立つ応急救護の方法を体験。

 

♪震度7地震体験コーナー

  

起震装置を用いた地震体験コーナーで、東日本大震災や阪神・淡路大震災級など、過去に起きた8つの地震波を選択することが出来るそうです。

今回は21年前におきた阪神・淡路大震災(今日参加した学生はちょうどお腹の中だったそうです(^^;))の揺れと、とこれから30年の間におこると言われている南海トラフ地震を想定した地震体験をさせていただきました。

 

約100分の体験でしたが、とても良い勉強になりました☆

今回参加した学生は、今年の4月から社会人として幼稚園や保育所、施設などで職員として子どもや利用者、高齢者の方を守る立場にもなります。

今日体験したことを活かして、現場で頑張ってくれることを期待します。

 

自然災害はいつ何時おこるかわかりませんし、日頃からの準備や訓練が改めて大切なんだと教えていただきました。

みなさんも、一度体験に行かれては?

大阪市立阿倍野防災センターHP→http://www.abeno-bosai-c.city.osaka.jp/bousai/bsw/a/a/bswaa010.aspx

 

 

世界の消防車が展示してありましたよ♫