学生へインタビューしてみました☆

朝晩と日中との寒暖差がはげしくなってきましたが、みなさま風邪などひかれていませんでしょうか?

 

本校の学生は10月末からの実習にむけて、オリエンテーションがスタートしました。

1年生は2回目の実習。

Ⅰ部2年生、Ⅱ部3年生は最後の実習、Ⅱ部2年生は幼稚園へ最後の実習です。

 

さて、今回は在学生の2年生へインタビューをしてみました☆

授業や実習、学校生活など思っていることを色々聞いてみましたよ♪

◆Ⅰ部 幼児教育コース Mくん

「入学前は専門学校ってどんなんだろう? 友だちできるかな?

と不安でしたが、オリエンテーション合宿がすぐにあり、あっという間に仲良くなれました。

クラス制をとっており、先生や学生同士がアットホームな雰囲気なのでとても居心地が良いです。

実習が1週間ずつあり、はじめは短くて子ども達の名前を覚えたところで終ってしまい悲しかったですが、次の実習までに時間があるため、課題を一歩ずつクリアしていける実習を終えるたびに成長できていることを感じられます。

先生方には現場に携わってこられた方ばかりなので、現場の生の声が聞けて毎日わくわく楽しい日々を過ごせています。

数ある中でこの学校と出会えてとてもよかったと実感しています。」

 

 

◆Ⅰ部 幼児教育コース Uさん

「実習が入学してすぐの6月にあり、保育所と幼稚園へ1週間ずつ行きます。

入学して2カ月程しか経っていないので、子ども達の発達のことや声かけの仕方など、右も左も分からないまま、初めての実習を行いました。

最初は不安で仕方なかったのですが、何も分からない状況で「現場」を見れ、子ども達と触れ合えたけいけんは本当に大きかったです。

幼稚園と保育所、この2つの違いを机の上で学ぶよりも明らかに自分の目で確かめてみたという経験は有り難いです。

実習が終わり、本格的に授業が始まった時、先生方のお話を聞いていて、「あぁ、あの時の!」と思い出せ、より深く授業を理解できます。

元々あった幼児教育への興味をますます大きいものにしてくれた初めての実習に、とても感謝しています。」

 

 

◆Ⅰ部 幼児教育コース Yくん

「昨年の夏くらいに、学校の個人ピアノ練習室が改装され、ピアノも全て新品になり、以前よりも積極的にピアノの練習に行くようになりました。

はじめは、連絡は掲示板で行うなど、色々なことが高校生活とは違い、全く生活が変わってしまって不安だらけでしたが、分からないことは先生方が丁寧に教えてくださったので今では毎日楽しく学校生活を過ごしています。」

 
 
 

◆Ⅰ部 幼児教育コース Tさん

「私は、短大を卒業し遠回りしたけれど、現在この専門学校で保育を学べている事をとても幸せだと感じています。本当に来て良かったです。

私はあまり先生と親しくするのは好きな人えはないのですが、この学校の先生は本当に私たちのために親身に相談にのってくださるし大好きです。

現役生より2歳上で入学した私は、友だちが出来るか本当に不安でした。しかし、励ましあえる最高の友人をたくさんつくることが出来ました。将来保育職についても互いに支え合っていける友人だと誇りに思っています。

勉強や課題は大変な事もあります。この学校の授業は実際の現場の先生から話を聞かせていただき学び、即実践だと感じます。学んだことをすぐ実習で行いました。

将来、一人前の保育士になれるように大好きな友人と励まし合いながら全力で頑張りたいと思います!」

 

 

◆Ⅱ部 幼児教育コース Mさん(昼間幼稚園勤務)

「入学して間もない頃は、昼間働き夜は勉強という生活が想像以上に忙しく大変で、一日が本当にあっという間でした。そんな忙しい一日が終わると、不安と寂しさで涙がとまらなかった夜もありました。そのたびに私を支えてくれたのは、同じ様に頑張っているクラスのみんなや、応援してもらっている家族、先生方でした。

自分の将来の夢をかなえるために頑張ろうと思えました。そして、私を笑顔にさせてくれるのは、大好きな幼稚園の子ども達でした。子ども達の笑顔と頑張る姿に、何度も励まされ、心を動かされました。また、昼間、その時その時に的確な指導を下さった先生方のおかげで、自分自身成長できたと思います。

私はこの学校に入学できたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。多くの方に助けてもらい、支えて頂きました。

これかれも、この感謝の気持ちを少しずつでも講堂で現わしていきたいと思っています。そして常に向上心を忘れず、子ども達の喜びや成長、つらい事も一緒になって共感し、共に成長できるように頑張っていきたいです。」

  

 

後期がスタートしました♪

前期試験も終わり、9月末より後期授業がスタートしました。

さて、今日は授業の『特修ゼミ』について学生や卒業生が語ってくれたのでちょっとご紹介☆

 

♪特修ゼミ「音楽」 Ⅰ部幼児教育コース2年生 : Uさん

「1年次の音楽ゼミは。12月にある『音楽会』で器楽合奏を行います。

初めての試みとして小太鼓だけのマーチング演技に取り組みました。

音楽ゼミ生のほとんどがスティックをしっかり握ったことがない状態でしたが、約半年の練習で、難しいリズムも叩けるようになりました。練習と言っても決して厳しい訳ではなく、楽しみながら、ゲームのような要素を入れつつ取り組んだので、いつも笑顔でした。

リズム作りから構成を考えたり、全てを自分達の力で作り上げました。一から作ったという達成感もあり、音楽ゼミはとても一体感があり仲が良いです。

クラスが違う仲間と、音楽を通して一になれる音楽ゼミ。先生も本当に優しく、様々な事を教えてくださるので、ゼミ生皆が慕っています。」

   

 

♪特修ゼミ「音楽」  Ⅰ部幼児教育コース卒業生 : Sくん(保育園勤務)

「この講義は自分たちで考え、子どもたちの前で発表する講義なので、自信と仲間の大切さが感じられる最高の講義です。」

  

 

♪特修ゼミ「体育」  Ⅰ部幼児教育コース卒業生 : Iくん(幼稚園勤務)

「実際に子どもと直接触れ合えるので、毎日が勉強になります。

指導方法等、現場に出た際には必ず役に立つゼミだと思います。」

   

 

♪特修ゼミ「児童福祉」  Ⅰ部幼児教育コース卒業生 : Nさん(乳児院勤務)

「色々なテーマを自分たちで自由に決め、話し合う機会を持つことで、それぞれの考え方や価値観の違いなどを知り、学ぶことが出来ました。」

   

 

♪特修ゼミ「児童福祉」  Ⅰ部幼児教育コース卒業生 : Aさん(幼稚園勤務)

「私が印象に残っているのは『ちょボラ(ちょこっとボランティア)』です。

学校周辺を皆で清掃するのでとても楽しいし、心まできれいになったような気がします。」

  

 

♪特修ゼミ「児童福祉」  Ⅰ部幼児教育コース卒業生 : Mさん(保育園勤務)

「児童養護のゼミの授業では、ボランティア活動で地域の公園の清掃をしたり、自分達でテーマを決めて、それについて話し合ったりと普段の授業とは違う内容で楽しみながら学ぶことが出来ました。

ゼミの授業は少人数なので、自分の意見もしっかり伝えられ、身になる授業でした。」

   

 

♪特修ゼミ「児童福祉」  Ⅰ部子ども福祉コース卒業生 : Yさん(児童養護施設勤務)

「読んだ本の感想を発表する授業では自分の知らない小説や絵本などを知ることができ、読んでみたいと思える本にたくさん出会えたのでよかったです。」